MENU

出産費借りる方法紹介!

出産費を借りる方法を紹介します。出産なのに、お金が間に合わなくて困った。出産するのに40万円から50万円程度かかります。

 

他にも出産だけじゃなく検診費用など、もろもろ必要になります。もちろん出産の時に国から手当てをもらうことができますが、少し時間がかかるケースもあります。また、手当てを受けるにも健康保険に入っていないと借りることができないなど、いろいろ条件があります。

 

まとまったお金がない場合は、消費者金融のプロミスがおすすめです。プロミスの、審査の回答時間は最短30分と早いので、すぐに審査の結果を聞くことができます。審査に通ればすぐにキャッシングもできますが、振込の場合は14時までに手続きを完了させていないとできないので、振込の場合は時間に注意して早めに契約の手続きを完了させましょう。

 

ここでは、出産にかかる費用やプロミスでの借入方法を紹介します。また、国からもらえる手当についても紹介していきます。

人気のプロミスのキャッシング情報!

プロミス

主婦・学生も安定収入で借入も可能!

  • 最短1時間融資も可能!
  • 来店・郵送不要のご利用も可能!

◎→プロミスの詳細はこちら

 

実質年率 審査時間 評価
4.5%~17.8% 最短30分

 

出産費借りたい場合はプロミス!

プロミスなら、初めて利用する方はメールアドレスとWEB明細利用で30日間無利息サービスを受けることができます。出産費は平均40万円から50万円ほどかかると言われてますが、国の手当で出産育児一時金で1人につき42万円の手当をもらうことができます。この一時金をもらえるのも場所によって違います。すぐにもらえるところともらうまでに時間がかかるところがあります。すぐにもらえないとしても1か月や2か月でもらえる場合は先ほどのプロミスのサービスを利用すれば少ない負担で済みますよね。

 

また、一時金だけじゃ足りない場合もありますよね。端数の数万円が今後を考えると厳しい場合もプロミスを利用してみてはどうでしょうか?

 

例えば42万円もらって残りの8万円を借りて3か月で返済する場合は月に27,461円が月の支払いです。実際に利息で支払うのは3か月で2,383円ですが、メールアドレスとWEB利用明細を登録することで最初の30日間の1,186円の負担を0円にすることができます。実際にあなたが負担するのは、1,197円です。

 

このくらいの負担なら、そこまで痛くありませんね。どうしても、お金が必要ならぜひ、プロミスを利用してみましょう。

プロミスでお金を借りる方法!

プロミスでお金を借りるには、まずは契約を結ぶ必要があります。契約を結ぶには、申込みをしないといけません。申込みするとプロミスが審査をしてくれます。とにかくお金を借りるには審査してもらわなければ借りることができませんので、申込みをして審査を受けることから始めましょう。

 

プロミスの申込み方法は、ネット・電話・自動契約機・郵送・店頭窓口の5つの方法で申込みすることができます。申込み方法は、自分に合った申込み方法を選びましょう。急いでいる場合はネットか自動契約機を利用しましょう。特にネットの申込みはスピーディーに利用することができます。

 

申込みに必要な書類は本人確認書と収入証明書の2つがあれば申込みすることができます。ただ、振込でキャッシングしたい場合は、振込に対応する口座を持っておかないといけません。もし、振込を利用するなら三井住友銀行かジャパンネット銀行を利用するとプロミスを便利に利用することができます。

 

プロミス審査で確認することとは?

審査で重要なことは年収と他社への借入そして、現在安定した収入があるのかどうかが重要なポイントになります。

 

もともとプロミスの申込み条件には20歳から69歳の安定した収入があることが条件です。収入がないと返済が難しくなりますよね。返済できなければ金利が増えていく一方なので、安定した収入がないと借りることができないというのは、プロミスを便利に利用するための最低の条件と言えるでしょう。

 

他社との借入については、プロミスでは借入金額が年収の3分の1以上借りることができません。300万円の人なら100万円で150万円の人なら50万円とその人の収入によって借入可能額が変わります。これは、国の法律で定められた総量規制という法律の下で決められたルールです。プロミスだけではなく、どこの消費者金融でも条件は同じです。他社への借入がある方は、申込みする前にまずは、他社への借入金額を確認しておきましょう。

 

申込み時の注意点!

プロミスの審査での申込みの注意点について紹介していきます。プロミスの申込みで絶対にNGなのは、同時に申込みする事です。同時にいろいろなカードローンに申込みすると審査に落ちる可能性が高くなります。

 

例えばプロミスに申込み後すぐに別のモビットやアコムに申込みした場合、審査に落ちる対象になってしまいます。申込みをたくさんすると、お金に困っているという評価になり、返済が厳しいと判断されてしまいます。申込みのデータは信用情報に保管され、申込みした時点で審査するカードローンに情報が流れ、直近のあなたの金融情報や申込みについては手に取るように分かるシステムになっています。

 

申込みする場合は、プロミスならプロミス、モビットならモビットというように1社に絞るようにしましょう。

 

そして、申込みでの最後の注意点は希望借入額です。これから自分で返済していくものなので、少なめに申込みすることがおすすめです。借入金額が少なければ少ないほど、審査にはもちろん通りやすいです。借入金額が少ないと返済もその分楽になるので当たり前と言えばあたりまえですよね。

 

どうしても確実に借りたい!そう思うなら、少しでも希望借入額を減らして借入するように申込みすると良いでしょう。

出産費以外にかかる費用について

出産には出産費用いがにもお金がたくさんかかってしまいます。検診費用やマタニティーやベビー用品の準備などかかります。検診の費用に関しては住んでいる場所によっては14回までは無料で利用することができる方法もあります。妊娠とわかったら、すぐに自分の住んでいる場所が対象かどうかを確かめましょう。1度の検診は5,000円から15,000円ほどかかります。定期的に利用すると最終的には10万円くらいの負担になってしまうので、利用しない手はないでしょう。

 

出産費だけじゃなく、もろもろ払うと生活費がない・・・という場合でもプロミスなら大丈夫です。プロミスは少ないお金からキャッシングができる便利なカードローンです。特に生活費など少額で借りる方がプロミスは便利に利用することができるのです。

 

金利の負担も、少額の借入なら少なくて済みます。そんな時でもプロミスを利用してみてはどうでしょうか?

 

生活費を借りたい方はこちら